« THE ICE PICK 7 | メイン | STABLE MOVES 2 »

November 10, 2005

STABLE MOVES 1

 実家にいるのは最悪だった。ママも美容室の上の部屋から引っ越したところだった。白人ばっかり住んでる区画。ここで、ヒマなホーを4人も連れてぷらぷらしてた。もう3回くらい、負けるたびに、この小さな町へ戻ってきたんだ。そういや、チビのビッチが警察にチクりやがったのも、ここ。

 ひたすら、ママの家にいた。悪い連中はみんな、ぼくのことを知ってるから。みんな、口からうわさをタレ流すから。何もアクションを起こせないんだ。ホーも、オハイオでユルく商売してたコたちでしょ。知らない町のストリートには立たせられなくて。もし、FBIに逮捕とかされたら、絶対、ムリだから。

 とりあえず、金は1万ドルあった。贅沢なホテルを4人のために借りた。あとは、ひたすら、スピードボール、キメてて。とりあえず、収入はゼロ。トラブルになるのは、時間の問題。何とかしたいんだけど。このままだと、ホーも仕事しなくなるから。

 引きこもりはじめて1週間くらいかな、じぶんのヘロインとコカイン、あと、ホーのギャングスターを買いに、街へ出たんだ。スウィートの世話になった。

 スウィートには、事情を全部、説明した。脱獄のことも。飛ばされてた。ミス・ピーチは亡くなってた。このことを話すとき、おっさんの目に悲しみが宿った。グラス・トップは、まだ西海岸のシアトルにいるらしい。パッチ・アイは、ノミ・ビジネスをやってた。スウィートはというと、すっかり落ちぶれた感じ。100才に見えた。ビルを所有してる白人の婆さんに、助けられてた。

 なんか、スウィートも人を殺しちゃったらしくて。《悪魔のねぐら》で、セント・ルイスから来たチビッコイ野郎に、バカにされたんだって。「醜い、灰色のジジイ」って。通りに突き出して、ボコボコにして、オシッコしてやったらしいんだ。したら、チビッコイ野郎もキレて、暴れたから、頭を撃ったらしい。

 こんなことを話しながら、いいノリで、ニヤニヤしてた。もみ消すのに5000ドルだって。あと、レッド・アイもピッツバーグでホーを殺した、とか言ってた。

 どうすればいいかも、教えてもらった。スウィートによると、セリーナが警察に通報してないなら、オハイオに戻ればいい。ハウスをやるにも、ストリートで商売するにも、あの州はピンピンにうってつけ、とのこと。帰るまえに、トイレを借りることにした。ところが、ドアに鍵がかかっている。

 かれは、ニヤリと笑っていた、「便所は壊れてるぜ、友人」

 下の階へ行き、ノミ屋のトイレへいった。途中で、パッチ・アイに、なぜ、スウィートは便所を修理しないのか、と訊いた。すると、年寄りの元ピンプは、こちらを見もせずに、

「シット、便所は壊れてないんだよ、あの人、冷酷だからな。金をちょろまかした女がふたり、監禁されてんのよ。もう3日くらい」

 ぼくは、じぶんの車へ歩いていった。スウィートは、いったい何日間、ホーを閉じ込めておくつもりだろうか。人間て、水だけで何日間、生きられるんだろう。

 街から帰ると、ぼくはレイチェルのスイート・ルームへ行った。一夜をすごし、また移動することを説明した。翌朝、窓から通りを見下ろしていると、猫背の白髪のジョーカーが、ホテルのゴミ捨て場から巨大なトラックへ、ゴミを収集している。スティーヴだ。地獄までいっても忘れない顔!

 熱い衝撃が、体をつらぬいた。あとは、何も覚えていない。レイチェルによると、ぼくは32口径をひったくると、コートのポケットに入れ、パジャマの上に羽織って、エレベーターへダッシュした。彼女は、後を追ってストリートへ来た。ぼくは、一言も発しなかった。舗道にリーチしたとき、トラックは走り去っていた。

 彼女にうながされ、上の部屋へ戻った。逃亡者としては、軽率な行動だった。幸運なことに、警察には見られなかった。ぼくは服を着て、すぐに帰るから、ステイブルを集めておいて欲しい、とレイチェルにいった。

 皮製品のショップに立ちより、小さな皮のカバンを買った。医者がもってるくらいの。銀行へいき、貯金を下ろした。1ドル札にしてもらい、カバンに詰めた。ひったくりに遭わないよう、ママの家へいき、100ドル札を、さらに上から押しこんだ。もう、パンパン。ステイブルを連れていく準備は万端。手荒なことをしなくても説得できるはず。新人のホーすら、リッチなピンプから逃げるときは、2度、考え直すから。

 昼、レイチェルの贅沢なスイート・ルームに、女たちが集まった。彼女はボス・ビッチ。残りは、同じ階の、1日25ドルの部屋で寝泊まりしていた。入っていくと、みんなで、ギャングスターをブリブリ吸って、ぼくのスピーチを待ちわびていた。

 また、ストリートで商売することに、不安を感じているようだった。ぼくは、カバンの口をひろげた。すごくカジュアルなノリで、テーブルに中身をハールさせた。100ドル札が舞った。キメキメだったせいで、余計にヤバく見えたっぽい。何年でも、あなたのホーとして、お金を貢ぎつづけます・・なんて言葉が、ホーの顔にありありと浮かんだ。

 ステイブルに、自信が満ちてきた。ぼくは、説明と指導を終えた。空気に、幻の城を描いてみせた。兄弟、マジで、「冬のシベリアにビキニで行け」って命令したら、行きそうなノリだったよ。これからトレドで、ステイブルと金をやりくりすることが、ボトム・ウーマンとしてのレイチェルの重要な仕事になった。

 こうして、ママのところには1週間ちょっといた。彼女は、ぼくを抱きしめ、火と精霊に祈りを捧げた。カタギになって、罪を償いなさい、とも言われた。遅すぎるよ、ママ。ぼくらは、再びオハイオへ向かった。

投稿者 Dada : November 10, 2005 04:15 PM