« THE ICEBERG 5 | メイン | THE MISTAKE 2 »

October 03, 2005

THE MISTAKE 1

 この年の終わりに、ぼくは新しく39年型のキャデラックを購入した。ジョー・アンは、コップしてから90日後にいなくなった。彼女は独占欲がつよすぎたし、長いあいだストリートで金を稼ぐほどのガッツもなかったんだ。

 ぼくは、べつに泣かなかった。クリスが彼女の世話をしていたし、すがたを消したときも、遠く離れた場所にいた。

 それに、1週間後、チンピラみたいな若い女の子をコップしたんだ。盗みが上手な子だった。クリスに首ったけになっていて、ダウンタウンへ出かけていくと、いつも買い物袋を姉さんたちのためにドレスやら下着やらでいっぱいにして帰ってくるんだ。

 やがて、クリスにも盗みを教えはじめた。ぼくは、どっかの野郎に運転手をやらせて、ふたりをよく盗みにいかせた。おかげさまで、クローゼットは素晴らしいスーツであふれかえったよ。

《グラス・トップ》は、麻薬所持で5年の刑をくらった。FBIが仕掛けたおとり捜査にハメられたんだ。やっぱり寂しかった。ぼくは、《スウィート》の家へいままで以上に通うようになった。

 ぼくの名声は高まるいっぽうだった。《トップ》がつけてくれたあだ名は知れわたった。みんな、《アイスバーグ》と呼んだ。《スウィート》と呼ばれることすらあった。なぜ、ぼくがここまで冷たい人間なのか、じつは毎日のように吸引し、注射しているコカインのおかげだということは、自分自身と、よく買っている売人たちしか知らなかった。

 それから3年のあいだ、ぼくは「ピンプの本」にしたがってきびしくピンプした。毎年のようにキャデラックを買いかえ、ファミリーのホーが5人以下になることはなかった。

《トップ》と同じビルから引っ越し、その部屋は女たちに使わせることにして、街の中心部にあるスワンクなホテルのスイート・ルームに移り住んだ。プライバシーがあったし、宝石もあったし、成功したピンプが手にすべき全てがあったな。

 流れのはげしいストリートをなんとかマネージしてた。ものすごいスピードで伝説になりつつあったんだ。

《トップ》は仮出所して、シアトルにいるということだった。ホーがひとりだけ付き添っていた。他のホーは、かれが落ちぶれたときにいなくなったみたい。

 チビのビッチは、まだボトム・ウーマンをしていた。オフェーリアも彼女とペアを組んでやっていた。クリスは日々、次のボトム・ウーマンになれることを証明し続けていた。

 でも、チビはなんか魅力が失われてきていることに、ぼくは気がついていた。他にも2人のホーがいた。他のピンプがヘロインの打ちすぎで朦朧としているときに、奪った女たちだった。

 真珠湾が爆撃されたとき、ぼくは《スウィート》の家にいた。一晩中あそんでて、まだベッドの中にいるときだった。

 人なつっこい茶色いヘビみたいな執事が朝食をはこんできた。食べ終えるころに、《スウィート》がベッドルームに入ってきた。かれはベッドのはしに腰かけた。

「バーグ、アメリカ合衆国が喉をかっ切られたぜ。目の吊りあがった日本人が真珠湾を燃やしたんだよ。ホーどもは、これまで以上に金を稼ぐようになるだろう。だが、長い目で見れば、第2次世界大戦はピンプ・ゲームをぶっ壊すことになるだろうな」

「《スウィート》、それ、どういう意味?」

「あのな、ホーってのは、もともとカタギの女だ。わかるだろ。いいピンプってのは、一生のあいだに何人もの女をホーにする。だが、カタギの女たちがいなくなったらどうする、ピンプがホーにする女がいないんだ、自然とステイブルも小さくなっていく。
 これから、何千人もの女たちが、工場で働かされることになる。お尻の四角い女たちは、金を稼ぐようになる。自立した暮らしができるんだよ。ピンプがつけいる隙がなくなる。
 オバサンたちも工場へいくだろう。あいつらには、若い娘たちがいるだろ。その子らを食わして、いい服を着せてやるだけの金を貯められる。わざわざピンプのためにホーになる必要がなくなる。ママがピンプになるってことさ。
 もっと悪いことに、もともとピンプに働かされててカタギになったホーも、工場へ流れていく。戦争が長引くほど、女たちをつなぎ止めておくために、ピンプは弱腰になっていく。
 バーグ、ピンプにとって、リアルな天国ってのはな、ぼろを着て、腹のすいた若いビッチがいっぱいプールされてる場所のことさ」

投稿者 Dada : October 3, 2005 06:45 PM