« IN A SEWER 6 | メイン | AWAY FROM THE TRACK 2 »

October 14, 2005

AWAY FROM THE TRACK 1

 こうしてぼくは、中央刑務所に収監された。夜明けごろ、看守がバスケットに入ったボローニャ・サンドイッチを鉄格子の下から差し入れた。しばらくして、別の看守が黒い腐ったチッコリーをバカでかいバケツごともってきた。不味そうなので、パスしたよ。

 小さな監房は、人間が2人もいれば狭く感じる広さだった。そこに8人いた。ぼくは、コンクリートの床に寝ころんでいた。丸めたコートを枕がわりにして。帽子のおかげで、通路の天井に剥き出しになっている電球の明かりを避けていた。

 他の奴らは、浮浪者とジャンキーだった。2人は病気だった。そこらじゅうにゲロを吐くんだ。浮浪者は臭くて、ジャンキーに負けず劣らずウザかった。隣に寝ている酔っ払いは、人差し指で頭皮をずっと引っ掻いてるんだ。背中を床に擦りつけてるし。シラミがたかってるんだ。ピンプにとっては、せちがらい状況だったよ。

 ぼくは思っていた、「1年前、ぼくがこんな糞部屋にぶち込まれるなんてだれかが予言したら、アホかと思っただろうな。あー。クリスに何もないといいんだけど。置いてきた金と服にかんして、あの子だけが信頼できる外の世界とのつながりだから。
 たぶん、電話してもぼくが出ないとわかったら、彼女はあの部屋の全てを引き払うだろう。ここが州刑務所じゃなくてよかった。ここなら、賄賂をわたせば面会もできる。裁判所が移送の命令を出す前に、彼女がもろもろ片づけてくれるといいんだが」

 9時になると、看守がやってきてぼくの名前を呼んだ。ドアまでいった。格子ごしに、かれは厳重にぼくを拘束した。そしてドアを解錠。かれのあとについて、通路を歩いていった。

 強化ガラスに会話用の穴が開けられている場所まで来た。向こう側に、クリスがいた。泣いている。彼女を責めるつもりはなかった。いっしょに泣きたいくらいだった。身をかがめ、穴に口を近づけた。彼女は耳をよせた。

「ベイビー、泣かないで。ダディの勇敢なビッチでしょ。いいね。じゃ、聞いて。持ち物係にいる警官に20ドルくらい渡して、あの部屋の鍵をとってきて欲しいんだ。
 で、緑のトレンチ・コートがあったでしょ。あれの袖に金を隠してあるから、回収して。安全なデポジット箱を借りて。荷物はきみのホテルの部屋に運んでくれ。たぶん、ウィスコンシンに連れていかれると思う。チビのビーフについて取り調べを受けることになる。
 そこで、保釈金が決まるんだ。向こうで腕のいい弁護士を雇うよ。ベイビー、連絡を取り合うんだ。ぼくがウィスコンシンに到着する1日前には先に行っていて欲しいんだ。金が必要だからさ。弁護士にも、保釈のときも。わかるだろ、シュガー、いったん保釈されたら、ステイブルを復活させて、立て直しを図るよ」

 穴から口を離し、今度は耳を近づけた。

「ダディ、何でも言われたとおりにする。わかった、新しい部屋の鍵を受け取ってくるよ。どこに引っ越したの? てっきり、あそこで電話を待っててくれると思ってたのに」

 話が噛み合っていなかった。たぶん、あまりのストレスと苦痛で、あたまがクラック・アップしたんだ。ぼくは逮捕される前に引っ越したのか? あたまを上げ、彼女を見てみた。不思議そうな目。人差し指を穴に当ててみた。いや、引っ越してないはず。このセオリーを試してみる決意を固めた、

「クリス、何いってんの! 引っ越してないよ! 荷物は全部、あのウェスト通りの部屋に置いてあるよ。なあ、ガール、ダディの好きな冗談を言ってる場合じゃないんだよ。ノックしても、ダディがいなかったんだろ? 当然さ、ここにいたんだから」

「ダディ、ノックしてないよ。ドアが思いっきし開いてたの。トランクもスーツケースも、全部なくなってたの。ヘアブラシだけが落ちてたの。だから、お財布に入れてもってきた。ダディ、もうワケがわかんないよ。あたまが変になるよ」

 憎しみをこめて彼女を見た。彼女は、大きく目を見開いてこちらを見ていた。

 ぼくは思った、「《ポイズン》か《スウィート》だ。裏切り者のビッチを盗んだんだ。ハメられてる。どっちかがビッチに演技させてる。こいつは糞ったれの女優だ。この純粋ぽい目を見たら、看守でも騙されるだろう。チビよりもムカつく。手がだせたら首を絞めてる。舌があごまでダラリと垂れて、みるみる黒く変色していくところを見てやりたいよ。
 でも、ムリだし。もういいよ。《アイスバーグ》でいよう。あいつ、必死だったよ、とか報告されたら余計ムカつくし。この女と新しい彼氏にネタにされたくないや」

 回れ右をして、彼女から歩き去った。通路の向こうに、こちらに背中を見せて看守が立っていた。すぐに監房に戻されるほど近くにいなかったのがラッキーだった。20フィートほど歩いたとき、ある考えが頭蓋骨に爆発したんだ。

「あいつだ、痩せっぽっちのビルの使用人だ、痩せっぽっちのビルの使用人だ、逮捕されるとき見ていた男だ! あいつが速攻、部屋の鍵をこじ開けたんだ。やばい、クリスとちゃんと話して、ぼくらのゲームを仕掛けないと。もし、ぼくが彼女を疑ったことに気づかれたら、今度こそ別れることになる。マジであの子しかいないのに!」

 すぐに引き返した。彼女は、まだ立っていた。さっきより激しく泣いている。ガラスに口を近づけ、ぼくは言った、

「クリス、逮捕されたとき、あのビルの男が見ていたんだ。そいつが全部もってったはず。ベイビー、ぼくたち、いつもいっしょにいただろ、だから、きみがあの部屋にいてくれたら、何も盗まれずにすんだのに、とか、あり得ない考えが浮かんだんだ。きみは何も悪くない。こうして離ればなれになってるのは、ぼくのせいだ。ちくしょう、早く終わらせないと。この街の弁護士に、50ドルくらい渡してやって。キャデラックを売るために必要な書類を揃えて、州刑務所まで来させて。車のスリップも持ち物係のところにあるから。財布に入ってる。あれを売れば、2500ドルくらいになるだろう。その金プラス、きみが稼げるだけ稼いで、ウィスコンシンまでもってきてくれ」

投稿者 Dada : October 14, 2005 06:00 PM