« THE UNWRITTEN BOOK 5 | メイン | TO LOSE A WHORE 2 »

September 13, 2005

TO LOSE A WHORE 1

 フォードをヘイヴン・ホテルの正面に滑りこませた。チビのビッチは通りにいない。食堂を覗いてみたが、カウンターにもいなかった。部屋の窓を見上げる。通りを横切り、ロビーへ入っていった。階段を使って4階まで行く。ドアの鍵が開くまで、3回ほどもがちゃがちゃと回した。中へ入った。ぼくは興奮していた。ドアにチェーンをかけた。ベッドルームへ入っていった。

 ビッチはベッドで上半身を起こし、ギャングスターを巻いて吸っていた。彼女のテーマ曲、《レディ・デイ》が、意地悪な男をののしり歌っていた。ぼくはベッドの脇、レコード・プレーヤーの側に立った。ゴミ箱から紙のパッケージがはみ出ている。それを手にとってベッドの上に置いた。

 油のたまったところに、2本のインゲン豆。しゃぶり尽くされた鳥の骨が、たくさんあった。この女、食堂までいって食べごたえのある食事を買ってきたんだ。病気のビッチなんてよくいえたもんだ。目を大きく見開いて、ぼくを見上げていた。

 やがて、ぼくのパンツの膝にあいた穴にそっと指を触れてきた。ぼくは紙の箱を閉じた。レコードを止め、ターン・テーブルから取りはずした。真っ二つに折り、粉々にしてゴミ箱に捨てた。彼女は、膝の穴をじっと見ている。壊されたレコードは無視している。クールに振る舞っているつもりなんだ。

「これ、縫わないとね、ハ? ダディ、だいぶよくなってきたよ。通りを渡って食堂まで買いに行けるようになったし。明日には、ストリートに立てるくらい元気になると思う。ベイビー、しっかり食事をしたら外へ行くね、まだ、足が立たないから」

「ビッチ、死刑宣告は終わったんだよ。最後の食事をしてよかったな。おまえの死体は、娘のゲイのところへ送ってやる。ガウンを脱げ。腹ばいになれ、ビッチ」

 クローゼットへいった。ワイアー・ハンガーを手にとった。まっすぐにした。ふたつ折りにし、ねじった。端にネクタイを巻いた。ベッドに向き直った。ビッチは、まだ腹ばいになっていない。口をあんぐり開けている。両手のひらを胸に当てている。

 映画に出てくる女みたいだった。ドアを開けたら、凶暴な性格に変貌したジキル氏がいた、という風。口のなかで舌が震えていた。上と下の唇が、わなわなと泡を立てていた。ぼくは右腕を思いきり振りあげた。肩の関節がポキッと鳴る音がした。

投稿者 Dada : September 13, 2005 06:00 PM