« DRILLING FOR OIL 1 | メイン | DRILLING FOR OIL 3 »

June 22, 2005

DRILLING FOR OIL 2

 ぼくは言った、「ガール、金のことだけ考えていて欲しい。きみとぼく、二人だけで生きていくんだ。きみのなかに眠っている光をぼくが解放してあげるよ。ベイビー、ストリートで死にもの狂いでお尻をふっておくれ。大金を稼いだら、娘を呼んでもいい。でも、今はダメだ。仕事の目鼻がつくまでは、子供のことは忘れるんだ。客をハメることだけを考えてくれ。

 じゃ、よく聞いて欲しい。とにかく、通りに立つんだ。バーに入るな。酒を飲むな。大麻を吸うな。働いてるときは、麻薬をやっちゃダメだ。外にいるときはできるだけ頭蓋骨の中をクリアにしておいて欲しいんだ。さもないと、命を落とすことだってある。そうしたら、ぼくの金まで消える。

 いいかい、ビビらせようとしてる訳じゃないんだ。ストリートにいるときに起こったことは、何もかも覚えておくんだ。毎晩、仕事が終わったら報告してもらうからね。たぶん、今夜にも、どっかのイカサマ野郎がきみをハメようとしてくる。明日の夜には、連れて行ってしまうかもしれない。

 わかるね、クラック・ワイズなニガとは目を合わさないで。あと、女ピンプ。もし、女ピンプと話しているところを見つけたら、お尻を蹴っ飛ばすよ。ひたすら、白人の男とトリックするんだ。黒人の男はトラブルの種だよ。あいつら、結婚したがってるから。

 きみは黒人で、かわいい。客はきみの魅力に逆らえない。奴らはセックスがしたくてしょうがない。そして金をもってる。100ドル要求して10ドル受け取るんだ。値下げしてもいい。ただ、値を吊り上げるのはダメ。知らない奴の部屋に行くなよ。20ドル以上の客は、ぼくたちがこれから引っ越すホテルの近くにあるマーチン・ホテルへ連れて行くんだ。車からはできるだけ早く降りるんだ。さっさとセックスしてどんどん稼ぐんだよ。

 きみの名前は、メアリー・ジョーンズだ。捕まってもすぐ保釈金を払ってあげるから心配しないで。きみは、泥棒じゃないんだから。保証人や弁護士なんて必要ない。きみには、前科もないんだし。あと、ストリートで若くてかわいい女の子を見つけたら、カタギでもホーでも声をかけるんだ。なかよくなって話をするんだ。そして、ぼくのことをビルド・アップしてくれ。わかるだろ、ぼくがどれだけ頭がよくて、スウィートかってことを話すんだ。逆にビッチに騙されないように。このファミリーにはもっとホーが必要なんだ。ジャンキーのビッチはやめてくれよ。こんなところかな。質問はある?」

投稿者 Dada : June 22, 2005 06:45 PM