« PSML | メイン | FOREWORD 2 »

March 29, 2005

FOREWORD 1

 ストリートを巨大なホグで滑っていくと、日が昇りはじめた。5人の女たちは酔っ払ってカササギみたいにお喋りをしていた。売春婦が夜通し大忙しで働いたときにだけ漂ってくる、糞のような悪臭が鼻をつく。しかも、鼻の穴の中がひりひりして痛い。あんたも豚みたいに白い粉を吸ってたらそうなる。

 ああ、鼻が燃えてるみたいだ。女の酷い匂いと、あいつらが一服してるマリファナの煙が、脳髄の芯を抉りとる見えないナイフのように感じる。ヤバい、かなり危ない感じになってた、何なんだよ? ダッシュボードには半端ない額の金がぶちこんであるのに。

 「ふざけんな、おまえらの誰かが糞でもしたんじゃないのか!?」おれは怒鳴った。車の窓をピシャリと開け放ちながら。しばらくのあいだ、沈黙。

 するとレイチェル、おれのチームのいちばんのホーが、耳ざわりのいい、お尻の穴にキスするみたいな声で笑いながら「ダディ、ベイビー、あなたが嗅いでいるのは、うんこの匂いじゃないの。あたしら一晩中かけずり回ってたのよ。ニガどもの車には、お風呂なんてついてないんだから。ダディ、うちら一生懸命やったよ。これはね、汚らしくて最低なビャッチ女の匂いなの」

 笑ったな、勿論、胸の中で。最高のピンプは心に鉄のフタをしておくべきだし、ぼくは誰よりも冷たいピンプの一人だから。

 レイチェルのいい感じの一言で、女どもは発作を起こしたみたいにクスクス笑いだした。ピンプは、女たちが笑っているあいだはハッピーでいられる。女たちが猫をかぶっているのを、勿論、ピンプは知っている。

投稿者 Dada : March 29, 2005 07:00 AM