FORGET ABOUT BIG BRO 3

 第三話 すっごい速く描く少年

 じつは、クイックジャパンの2号か3号で、中村くんのこと書いてるんだよ。名前はぜんぜん出してないけど。街にさ、落書きしてる悪いヤツがいるっていう記事だったんだ。それはね、中村くんの後輩か、同級生の、児島(現・こじままさき)という人がいて。デザイナーで、あと《BD》っていうミニコミを作ってた人なんだ。彼が「面白い人がいる」って編集部に連れて来てくれたのね。そこで「落書きが得意だ」っていう話になって。この人には、落書きする才能があるってことが、わかったんです。「夜中に落書きしている、謎の少年がいる」みたいな触れ込みで、児島くんに4ページくらい書いてもらったと思うよ。

 そのあと・・93,4年くらいかな。コンビニでさ、ファインを立ち読みしてたのね。ハードコアの情報が、けっこう面白かったんだ。売り線は女の子のサーフィン情報なんだけど、おしまいの方にさ、当時でてきたDJとか、ハードコアの情報がいっぱい載ってたわけ。そこでさ、なんか、書評みたいなのがはじまって。たしか「緑色革命」とかさ、そういうのを紹介してたんだよね。高木完さんとスケシンが、ふたりでやってたんですよ。完さんが文章を書いて、スケシンが絵を描いて。それが、面白くて。シチュアシオニストみたいな感じですよ、まさに。ファインの、最後のほうだけ、そういう感じなんだ。それは、大野さんていう今、ワープの編集長の人がやってたんだと思う。

 1年間くらいやってたんじゃない。はっきりわかんないけど。とにかく、それがいちばん面白いよ。秘密結社っぽかった。「パンク対めんこ」とかいってさ(笑)。フィギュアが好きな人・・ヒカルさんとかと、対談みたいなことをやっててさ。すごいテキトー(笑)。字、少なくてさ。「あ、中村くん、こういうことやってんだ」と思ってさ。「デザインとかやるんだ・・」みたいな。靴の絵とか描いてたんだけど、すっごい、よかったよ。手書きの文字がいいんだよ。だいたい手書きなんだよ。すっごい速く書くみたい、ガ〜ッてさ。それと、あと同時にさ、あれですよ、《ラヴリー・マガジン》ていうさ、スケート・ボード・ジンみたいなのがあってさ。

 東京のストリートの雑誌だね。けっこうもってるよ。上野のムラサキ・スポーツで、買ってたんだよ。あれ、ムラサキ・スポーツで売ってたんだよ。ぼくはたまたま、アメ横だったんだけど。それとかさ、あと、藤原ヒロシさんがやってたさ・・・《ミルク》ってブランドがあるでしょ? 大川ひとみさんの。その《ミルク》の雑誌があったの。オールカラーで。それ、中村くんはあんまり、関係なかったかも。全部、ヒロシさんの友人がでてくる。《ID》っぽいな、とか思っててさ。本国版の《ID》とか、最初のころ、好きだったから、日本なりにそういうことをやろうとしたら、どうなるのかなと思って、《ラヴリー・マガジン》とかも、チェックしてたんだよ。そうしたら、そこにも、スケシンが変なマンガ描いててさ。宇宙戦艦ヤマトをパロディにしたみたいな・・・(笑)(赤田祐一・談)

RAMPAGE

LOVELY

涙の怪獣パーティー

One thought on “FORGET ABOUT BIG BRO 3

Leave a Reply

Your email address will not be published.